ベルリン・フィル八重奏団@杉並公会堂

b0031055_17351656.jpg

久しぶりにコンサートを聴いてきました。数年前に一度聞いてファンになったベルリン・フィル八重奏団。ファンになったといっても聞くのはあのコンサート以来で、八重奏って楽器は何があるんだっけ?と全然忘れちゃってる自分にガッカリです。
正解は、弦楽四重奏+コントラバス、クラリネット、ファゴット、ホルンの八重奏でした。
今回、やっぱり八重奏って楽しいなと思いながら聞いていました。室内楽としては大きな編成の八重奏には、室内楽にとどまらない、むしろ小さなオーケストラといった趣があります。各パート1人ずつなので、どのメロディを誰が演奏しているかが一目瞭然なこともあり、すごくよく聞こえてくる。第2ヴァイオリンやヴィオラがメロディと低音の間でこんなメロディを奏でているのね!というのがとてもよくわかる。管楽器も同じく。
更には第1ヴァイオリンのソロの部分ではオーケストラを従えたコンチェルトを聴いているようで、とにかく贅沢!
指揮者はいないので、第1ヴァイオリンがコンマスの役割をしつつ、他のパートの演奏者同士のアイコンタクトも随所で見られます。チェロの方がその時々でメロディを奏でる奏者に視線を投げかけている場面が印象的でした。演奏者同士が笑顔でアイコンタクトをしながら演奏が進む光景はジャズのセッションを聴いているようでもあります。時に厳しい表情もありますが、ご本人たちが演奏、合奏を楽しんでいる様子がすごく伝わってきました。おのずとその演奏が良いものにならないわけがない。
いい音楽を聴いて自分が満足している度合いを測るバロメータがありまして、それは帰り(または翌日)にチェロの練習がんばるぞ!と自分のモチベーションがすごく上がっていること。今日は久しぶりにそのモチベーションがとっても上がっています。やはりいい音楽を聴くことって大事なんだな。

[PR]
by fumiko212 | 2017-01-26 21:27 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/26585432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 快適になった話 ハンガリーのショプロンという町 >>