四十肩(または五十肩)大変記

7月にお墓詣りをしたときに、ボーボーになったくちなしの木を刈り込みばさみで一心不乱に刈り込みました。それだけでなく、草抜きやら石垣に絡みついた蔦を取ったりと4時間くらいかけて働き、ぐったり疲れて帰りました。翌日は、案の定、激しい筋肉痛に。特に肩が痛い。傷みは増すことはないけれど全然治らない。そうこうしているうちに1か月が過ぎ、、、これって四十肩?という状態で定着しました。
これ以上痛くならないけど治らない。そういえば10月に札幌に行ったときコートの脱ぎ着でいちいち肩が痛かった。
洋服の脱ぎ着で肩が痛いことにもなんとなく慣れてそれからまた1か月。その頃は、夜寝ていて起きると左肩がジーンと痛い、その痛みでしばらく寝付けない、という日々。そういう時は思い切って起きてしばらく座っていると治るのでまた寝る、ということで何とかやり過ごす。
12月に入って新たな問題が。部屋が寒くて夜中に起き上がると凍え死にそうになる。フリースなんかを重ね着すると洋服の滑りが悪くてそれで肩が痛い。暖房は母が寝ている部屋に面したベランダに室外機があるので夜中につけるのははばかられる。寒い、と布団にもぐると痛い。うぐぐぐ。
さらに何がきっかけだったか忘れたけど、左肩の痛みと可動域が急激に悪化。うっかり左腕が可動域を超えて動いてしまうとしばらくうずくまるほど痛い。家にあったモーラステープやロキソニンパップを貼ってもダメ。ネットを検索して、ファイテンがよさそうなのでいそいそと買いに行き装着するが何も変わらず。これもネットに出てたアイロン体操を始める。ジーンと痛いときにアイロン体操をすると何となくまぎれる感じがする。でも可動域も傷みも全然改善せず、眠れない夜が続く、、、
こりゃ医者に行かなきゃダメか、、、でもどこかが痛くて整形に行って治ったことってないよなあ。お金も時間もかかるし面倒だなあ。とか思い始めたころは年末が押し迫っていて結局医者が休みに入ってしまった。
で、昨日行きました。始めましての整形外科医に、タメ口で6か月放置していたことを叱られ、アイロン体操をしていたというと「一番やっちゃいけないことをしてた」とバッサリ。この医者に来たことを後悔し始める。レントゲンを撮り、チャラ男のリハビリの人(この医院にちゃんと話せる人はいないのか?)に低周波治療器を充てられ、適当にストレッチを教えられ(それができないくらい痛いんですよ)、ヒアルロン注射をされ、痛み止めの飲み薬とロキソニンパップを処方され(待ち時間含めて2時間以上経過)て帰宅。指示通りお風呂の中でストレッチをするがあまりに痛すぎて泣きたくなる。それがたたって今日は今までで一番痛い状態。アイロン体操の方が良かったよう。
医者曰く「痛かった期間の倍はかかると思ってください。」第一印象最悪だったお医者さんだけど、レントゲンを撮った後の説明はわかりやすかったから、言うこと聞いて通うことにした。でも毎日リハビリ(と言っても低周波治療器だけだし)というのは1日おきくらいにしちゃおうっと。もう少しまともな療法士さんがいる日もあるのかなあ。あーあ、こんなことなら激痛になる前に受診するんだったのかなあ。あの頃ならもう少しストレッチもできただろうに。もうがっかりだ。

[PR]
by fumiko212 | 2017-01-11 20:46 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/26548112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ハンガリーのショプロンという町 ニューヨークのホリデーシーズン... >>