ニューヨークのホリデーシーズン37景(36日目)

b0031055_15445779.jpg
今日の写真もメトロポリタン美術館のクリスマスツリーの展示の一部を映したものです。一番前に立っている豪華な装束にマント、頭にはターバンのような帽子(?)を被った男性、その後ろにも同じような姿の馬上の男性が2人。この3人はイエスの誕生を知り、礼拝に訪れたという東方三博士といわれる人たちなのだと思います。(解説を読んでいないので私の想像ですが多分あっているでしょう。)この人形はツリーの向かって右側に、正面の幼子イエスの方へ向かって歩いているように展示されています。彼らがイエスに会ったのが1月6日とされているそうなので、この写真は1月5日にアップしようと思っていました。

私が聖書について知っていることは今でもほとんどなくて、20代のころにイタリアを旅行した時にたくさんのキリスト教を主題とした絵画を見て、聖書のどんな場面を描いているのかくらい知っているともっと楽しめるだろうと「西洋絵画で聖書を読む」という内容の本を読んでざっと頭に入れました。「東方三博士の礼拝」はたくさんの画家の作品に描かれているのですが、このシーンについてもう一つ覚えていることがあります。
20代のころ一緒に働いていた女性が、当時ブームになり始めていたアロマテラピーを本格的に勉強し始めていて、彼女から、イエスが誕生した時の3つの贈り物の内、1つが黄金、残る2つがお香だったのだと教えてもらいました。「香り」は黄金と同じくらいの価値があった証拠であるとのことでした。その2つのお香が「乳香」「没薬」であることは後から知りました。アロマテラピーで使う精油では「フランキンセンス」「ミルラ」という名で売っています。どちらも樹脂なのだそうです。私も彼女から影響を受けて、アロマテラピーの講座を少し受けたのですが、初心者にはなかなか手ごわい精油で使いこなすことはありませんでした。
その後、ヨーロッパで大きな教会を見学する機会がありましたが、神父さんが白い煙がもくもく出ている真鍮製の香炉のようなものをぐるぐると振り回しながら回廊を歩いていた場面に遭遇しました。とてもいい香りで、旅の疲れがいやされたことを覚えています。もしかしたら乳香や没薬の香りが混じっていたのかもしれません。

[PR]
by fumiko212 | 2017-01-05 00:00 | -NYホリデーシーズン2015 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/26530203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ニューヨークのホリデーシーズン... ニューヨークのホリデーシーズン... >>