買っておいてよかった16㎝

b0031055_20450956.jpg

ストウブの鍋です。最初に買ったのは煮込み料理に良さそうな22㎝。20㎝と迷いに迷って母に実物を見てもらったら22㎝と仰せだったので従いました。間違いなかった。2人家族には大きすぎるのでは?と思ってたけど煮込み料理は多めに作る方がおいしいし調理時間を考えたら2食分+弁当のおかず分くらいできないと割に合わない。

次に買ったのが写真の16㎝です。米2合の炊飯によさそうだと思い購入。この写真だと分かりにくいんだけど結構深さもあります。18㎝以上のこのシリーズの鍋とはシルエットが全然違うんです。それが気に入って買いました。使ってみると2合の炊飯にはやや小さかった。出番はあまり多くはないですが、たまに使うといい大きさ(深さも)だなと思います。菜の花をオリーブオイルとニンニクでクタクタになるまで蒸し煮にして刻んだアーモンドと混ぜてパテみたくするという料理が本に出てて、この鍋で作った料理のなかで一番美味しかったし鍋が活きました。

そうなんです。ストウブの鍋ってシチューみたいな水分の多い煮込みより少ない水分で蒸し煮にする料理に適してるんですよね。

タイトルに買っておいてよかったと書いたのは、この16㎝の鍋、廃盤になってしまったそうなんです。今売ってるのは18㎝以上の鍋と同じようにもう少し浅いシルエットになってしまいました。多分、ストウブが炊飯用の鍋を出したからだと思います。

私としてはこの重い鍋を毎日の炊飯に使うのはちょっと気が重い。炊飯はもっぱら軽いアルミの文化鍋です。これも16㎝と小さいものです。炊飯器とちがって場所を取らないのがとてもよいです。
日本人の米離れが言われて久しいですが、私は3食米を食べたい。日本にしか住めないなーとつくづく思います。鍋の話を書いたのになぜか米愛を語って終わる。。。
[PR]
by fumiko212 | 2016-10-28 20:25 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/26323392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< アルテピアッツァ美唄 真田太平記八巻読書中 >>