小曽根 真 and 伊藤 君子 with NO NAME HORSES

ブルーノート東京でライブを聴いてきました。
大好きなジャズピアニストの小曽根真さん、ジャズボーカリストの伊藤君子さん、総勢14人のビッグバンドが出演する超豪華なライブ。ビッグバンドのハチャメチャな楽しさと、伊藤君子さんの女神のような美しい歌声、そして、そのステージを包み込むような小曽根さんの愛があふれる素晴らしいステージでした。超ラッキーなことに、この演奏を最前列、伊藤君子さんの足元の席で聴くことが出来ました。(ご尽力下さったyさん、ありがとう!)自分は世界一の幸せ者だ~、と顔緩みっぱなしで聴いていたと思います。

細かいセットリストや曲名は忘れてしまったのですが、1曲1曲、心に残る演奏ばかりでした。
印象に残っているのは、「T for two」という2台のトロンボーンのために書かれた曲(このバンドのトロンボーン奏者の中川さんの作曲でTはTeaでなくてトロンボーンのT!)。おもしろかったなー。
それから、バリトンサックスがフューチャーされた曲の演奏も印象に残っています。弦楽器で言えばコントラバスのような存在の低音を支える楽器で、通常の楽曲では楽器の音域の中でも低い音を鳴らしていることがほとんどだと思うのですが、ソロでメロディーを奏でるときの音は丸みがある温かい、それでいてセクシーな音なのです。この「セクシー」というのは小曽根さんが用いられた表現なのですが、うん、わかるわかる、という感じ。こうやってライブの中で新しい音との出会いをもたらしてくれるのが小曽根さんのライブの醍醐味でもあります。

伊藤君子さんの歌も素敵でした。この日私は、緊張を強いられる1日を過ごしてかなり参っていたのですが、天上から降り注ぐような優しい声に、神経のこわばりがほどけていくような安心感に包まれました。武満徹さんの曲に谷川俊太郎さんが詩をつけたという曲を歌う伊藤さんは本当に女神様のようでした。

他にも、小曽根さんとドラムスの高橋さんのセッション(この日一番熱い演奏だった!)、中村健吾さんのベースソロ(ウッドベースの音ってかっこいい~)、トランペットやサキソフォン、とにかく盛り沢山で本当に贅沢なライブでした。客席もすごい盛り上がりで、なんだかNYにいるみたいでした。いやいや、NYだからってこんなにすごいライブに当たるなんて、そうそうないと思いますよ。とにかく、沢山の幸運に恵まれた夜でした。

ご一緒させてもらったみいこさんにトラックバック!
[PR]
by fumiko212 | 2005-04-03 20:48 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(7)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/2425031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from LOVELY at 2005-04-03 23:31
タイトル : ブルーノート東京
小曽根真さんファンの友人にお誘いいただき、初めてジャズを体験してきました。 音楽は好きだけど、疎いのを自覚してる私。。(それは好きとは言わないのか?笑) 今回はビックバンドとのライブだよん〜なんて言われても、ビックバンドってなあに??という有様なのである。 ..... more
Commented by みいこ at 2005-04-03 23:46 x
私もTBさせていただきました♪
ほんと、あらためて考えてみてもラッキーだらけだったんですねー。私も初ジャズ&初BNTで、こんないい思いができて嬉しいです。ご一緒させていただいたFumikoさん、sさんが、すごーく輝いた表情でステージを見つめていたので、私もつられてエンジョイしました~♪
Fumikoさんのように、セクシーな音もいつか分かるようになりたいなー。
谷川俊太郎さんが詩をつけた?うわーそうだったんだ。谷川俊太郎さん書く言葉って好きなんですが、この日は気付かなかった(反省・・)
Commented by MOMO at 2005-04-04 02:51 x
Fumikoさん、最前列だなんて羨ましいです。私は最終ライブでトホホな席でしたが、もう最高でした!
「My Favorite Things」を歌い終わって、ペコさん(伊藤君子さんの愛称)が一人のお客さんに「あなたのお気に入りは?」と尋ねたら「You!」と答えが返ってきました。なんて素敵な掛け合い!これってやらせではないですよね。
サプライズで塩野谷悟さん(P)が後半演奏に加わったのですが、「I Cried for You」で小曽根さんと連弾している時、他のメンバー全員が身を乗り出して、その様子を見ていた姿に、このライブの素晴らしさが表れているように感じました。
それから、それから… もういっぱいありすぎて、いつか機会がありましたらFumikoさんとじっくり語り合いたいです♪

Commented by ps6 at 2005-04-04 07:47 x
読んでるだけで、素晴らしさが伝わってきますね。私はジャズはほとんど素人なのですが、なんだか行って聞いてみたくなりました。
Commented by fumiko212 at 2005-04-04 22:40
みいこさん
TBありがとうございます!
>すごーく輝いた表情でステージを見つめていたので
うわー、恥ずかしい~。自分でも顔が半笑いなのはわかってたのですが、抑えきれませんでした~。
>谷川俊太郎さんが詩をつけた?うわーそうだったんだ。
ええ~?ペコさんがそういってましたよ~。でも実は私も詩を良く覚えてません。何て優しい声なんだろう、、、って楽器の音のように声を聞いていた感じで…。なんだかボーっとしてしまいました。

MOMOさん
>塩野谷悟さん
もー、この話題小曽根さんのサイトにも出ていて、すっごくうらやまし~って思ってたところでした。小曽根さんと塩野谷さんのデュオ、すごく聴いてみたかったのです。MOMOさんにもくっついて行けばよかったなー。
>「あなたのお気に入りは?」
私たちが聴いた会では、「だって、結婚して10年だもん。」と目の前に座っている奥様を紹介した男性でしたよ。野暮か粋か、微妙な線だったなー。どうせなら思いっきり「愛する妻!」って言っちゃえばほほえましいのになー。(って評論してどうする!)
近いうちに、是非じっくり語り合いましょう!
Commented by fumiko212 at 2005-04-04 22:43
ps6さん
私もジャズは(っていうか音楽全般)ほとんど素人なんです。でも、音楽を楽しむ気持ちにプロもアマもないですからね。楽しもう!という気持ちがある方ならどなたでも楽しめますよ。是非行きましょう~。
Commented by yuricoz at 2005-04-05 13:46
やっぱり、知っていて聞くと本当に何倍も楽しめるんですね~
次回は、ぜひぜひご一緒させてください♪
とその前にじっくり聞き込まなければ!!(^-^)♪
Commented by fumiko212 at 2005-04-05 22:24
yurikoさん
ご一緒できなくて残念でした。
次回は是非是非、ご一緒しましょう!聞き込まなくても大丈夫ですよ。私も今回のCDは聴いていなかったのですが、ただただ、ひたすら楽しめました!


<< 大事に読んでます! BNTにて >>