検索ワード雑感

スマホユーザーになってからPCを開く機会が減って、必然的にブログの更新頻度も減ってしまっていますが、カウンターは細々と数字を刻んでいます。不思議と毎日同じくらいの人々が訪れるのです。ページ別アクセスや検索ワードのレポートをのぞくと、その時々であるページやある検索ワードが急浮上するので、更新もしないのに日々確認してしまいます。

最近、すごく役立った出来事。
9月中旬くらいから、「ムットーニ」で訪れる人が増えていることに気づきました。1週間ぐらい続いていたので、気になって検索してみたら、八王子で展覧会が始まっていることを知りました。ムットーニは相変わらずDMをくれないので危うく見逃すところだった。過去の自分に感謝した出来事でした。

毎年季節感を感じる検索ワードは「キングスピークスレンダー」。数年前に購入したクリスマスツリーの商品名です。今年は2~3日前に初登場しました。

地上波TVの影響はいつも大きくて、昨夜のしゃべくりで松潤が会いたい人をやってて、指揮者のドゥダメルが登場したのですが、案の定、昨日の検索ワード、閲覧ページ、ともにドゥダメル関連で占められていました。

謎だったのがスマホについてちょこっと書いたエントリが毎度毎度閲覧トップだったこと。あまりにトップに君臨し続けるので、なんだか気持ち悪くなってそのエントリを非公開にしてしまいました。それでも閲覧され続けるので(たぶん文章は読めないけどページにはアクセスできる状態だったのかな?)、エントリを削除してしまいました。

その後の上位の定番はジヴェルニーのモネの家の行き方、パリで買ったもの、パリで食べたもの、のパリ関連。これだけニューヨークを書いているのにな~。ニューヨークで買ったものもたまに入りますが圧倒的にパリが多いです。ジヴェルニーに行ってから4~5年経っていると思うのですが、皆さん無事にたどり着けているのでしょうか?なぜかこのエントリにロシア語?の迷惑コメントが入ることが多くてコメント欄は閉じていますが、クレーム回避目的ではないですからね。汗
クレームと言えば、これもその時のパリネタでオランジュリー美術館の作品写真をアップしたエントリがあるのですが、今は撮影禁止らしく、「あなたは隠し撮りをした写真をアップしているのか?」と知らない人にコメント入れられたことがありました。本文中に何年に行ったか書いてあるのにさあ。

ニューヨーク関連で最近多い検索ワードは「Community food & juice」。なんでだろう?もしかして日本にオープンするのでしょうか?

謎のままなのは、先日一時的に増えた「国民の映画」について書いたエントリへのアクセス。2011年の三谷さんの作品ですが、なぜ今頃?テレビ放送?(10/10追記:近々再演が決定しているのだそうです。その影響でした。)

それから美術展について書くと、必ず「●●展 感想」などで検索されますね。お芝居もありますね。美術展の知らない素人の感想などをわざわざ検索する人がいるのだなあと不思議に思います。友人の感想なら読んでみたいけど、知らない素人のは興味ないなあ。まあ、検索してページが開かれただけで読まれてはいないのかな?
あ、でも一度、これも感じ悪いコメントでしたが、「あなたは本当にいいと思ったのですか?有名だというだけでいいとは限らない。」と入ってたことがありました。めんどくさいなあ。知らない素人の感想にそんなに腹を立てなくてもねえ。(もしかして知っている人?汗)

私も相当根に持つ人ですね。でも、ネガティブコメントってなんだか覚えてしまってるんですよね~。まあ、この2つくらいしか思い出せないけど忘れてないんだから。そのたびにネットっていやーね、と思います。自分のブログのリンクでもつけといてくれれば少しはフェアだと思うけど。

なんかネガティブなことばかり書きましたが、最近うれしかったコメントもいただきました。最初に書いたムットーニの話につながるのですが、過去のムットーニ関連のエントリに「今、八王子で企画展やってますよー。」と入れてくださった方がいたのです。自分で気づいていた後ではあったのですが、すごくうれしかったです。

ブログ文化がすっかり廃れつつある今も飽きずにたまに更新しているのは、過去の自分がネットの海を漂って思わぬところから顔を出すのが面白いからなのかなー?
[PR]
by fumiko212 | 2013-10-08 22:15 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/21242474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< バワリーの人のコーヒースタンド レオナール・フジタ展@Bunk... >>