ニューイヤー・コンサート@めぐろパーシモンホール

b0031055_10205228.jpg

今年のエンタメ初めは頑張れば歩いて行ける(実際は行きはタクシーだったけど)パーシモンホールで久々のN響公演。

ドヴォルザーク
・チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
・交響曲 第9番 ホ短調 作品95「新世界から」

広上 淳一 /指揮
宮田 大 /チェロ
NHK交響楽団 /管弦楽

チェロの首席に向山佳絵子さんらしき人が座ってた!なんで?
さっき検索したら誰かのブログにもそう書いてあったので間違いないよう。で、その方のブログによると藤森さんとご夫妻なのだとか。知らなかった〜。(帰りにロビーでお見かけしました。)新世界のソロ、素敵でした。弦楽8人で弾くところ好きだった。

N響いいな〜。細かくならいくつかもっとこうしてほし〜というのもあったけどやっぱり全体が鳴っているところとか木管のソロとかおおーって思う。定演に行っていた頃はあっという間に1ヶ月で、もうか、なんて思ってたけど贅沢なことしてました。

宮田君のチェロは席が遠かったこともあってかちょっと後ろに引っ込んでる感じがしたけど…。今度はハイドンか室内楽で聴きたい。ドボルザークは曲がすんばらしいから満足です。木管との二重奏のとことか綺麗だったけど、やっぱりもうちょっと前に出てくればな〜と思った。

思い返すとオーケストラを生で聴いたのって半年ぶり?うーん、今年はもうちょっと聴きたい。
[PR]
by fumiko212 | 2013-01-07 21:10 | 音楽 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/19802235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さちえ at 2013-01-08 13:12 x
チェロの宮田くん、ずっと気になってたんですよ。いいなー。
昨年BSで水戸芸での小澤征爾さんのドキュメンタリーで彼のハイドンを聴きました。
小澤さんに相当ダメ出しされてたけど、いい演奏だと思いましたよ。
しかしその後ベルリンフィルのヨーロッパコンサートで同じ曲を演奏したゴーティエ・カプソンのかっこ良さですっかり印象薄れてしまいましたが(笑)
わたしの今年の初オーケストラは月末になりそうです!
Commented by fumiko212 at 2013-01-08 19:31
私もテレビでしか聴いたことなくてやっと聴けました。期待が大き過ぎたのと席が遠かったので↑のような感想に。(^^;; 出だしでギュッと心臓掴まれる感じがなかったのと、4楽章のコンマスとの二重奏で宮田君頑張って〜と思ってしまったので。でもこれからずーっと聴き続けたいチェリストです!長生きしたいと思わせてくれました。(^^)
Commented by fumiko212 at 2013-01-08 19:32
あ、4楽章は存在しない。3楽章です。汗


<< 「ア・ラ・カルト 2」 ~役者... 大晦日 >>