子供ってすごい!

直島カフェ まるやさんの「Kidsまるや。」にトラックバックします。


先日、従姉が子供を連れて遊びにきました。小学3年生と年長さんの男の子。元気いっぱいで1時間遊んだ頃に既に3~4時間たってるんじゃないかっていうくらい疲れました。
NYの写真を従姉たちに見せようと、テレビでスライドショーをはじめたら、2人がリモコンを奪いあって大変なことになってしまいました。

MoMAで写したマティスの「ダンス」の写真が出てきたとき、3年生の子が、「何これ、裸躍りじゃん。変なのー。」と発言。私が「そうそう、裸踊りの絵だよ。」というと、「これ男?女?」。「うーん、そうだねー、どっちっていうのはもう関係ないんだよ。」とむにゃむにゃ言ってみたけれど、もちろん納得してない様子。しかし、この絵は彼に相当のインパクトを与えたに違いない。将来、彼がこの絵に再会するようなことがあれば、そのときどんな感情が沸き起こるのか、楽しみです。

その後、話は飛んで、先日、愛知県で赤ちゃんが刺されて亡くなった話を大人たちがしていたとき。お父さんが安城に単身赴任中ということもあって、彼にとっては身近に感じられた事件だった様子でした。彼曰く、「赤ちゃんは小さいから、僕の半分しかないのに。」とのこと。一体何を言いたいのか良くわからなかったので、「え?どういうこと?」と聞くと、「赤ちゃんは僕の半分しかないのに、殺されちゃった。だから、僕の心も半分なくなっちゃったんだ。」と説明してくれました。
すごい表現力!感動でした。かわいそう、とか、悲しい、とか知っている言葉では表現できないような気持ちになったんだろうな。

子供って、単純に生きてるように大人は思ってしまいがちですが、(子供を持ったことがない私はってことですが、)繊細な感情を心に秘めてるものなんですね。上手く言葉で表現しようと思っていないぶん、それがストレートに伝わってきました。子供だからって、いいかげんに相手をしたらしたら、すぐに見透かされてしまいそうです。
[PR]
by fumiko212 | 2005-02-09 22:09 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/1972703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< しっかりしろーっ! S.J.ローザン、読んでます >>