胃の痛くなる出来事

こんなことがありましたという話です。

7月31日、Appleからこんなメールが立て続けに入りました。

1通目
(あなた)のアカウント情報が07/31/2011に変更されました。
クレジットカード

2通目
(あなたのアカウント)に登録されたことのないコンピュータまたはデバイスから、この Apple ID を使ってApp Store で 二战风云 HD が購入されました。

最初は何のことかよくわからなかったのですが、これはまずいのかもしれないと思い、パスワードのリセットをしました。
その後、ネットで「二战风云」というHDがなんなのか調べると、多数被害が発生しているアカウントの不正利用により購入されてしまっているゲームアプリか何かのようです。アプリは無料だけどアドインが有料で一緒に購入されているというものらしい。
自分のiPhoneのAppストアで購入済みのアプリを見ると確かにその名前のアイコンが現れている。
PCを開いてiTunesの購入履歴を見ても2600円のそのアドインが購入された履歴が残り、アカウントにチャージされていた残額が使われてしまっていました。

どこをどうたどったか忘れましたが、メールで問い合わせることができる画面を見つけ、購入番号のようなものを入力して問い合わせました。その問い合わせ画面には48時間以内に返信するとありましたが、丸4日経った頃返信がありました。

担当者記名の上で、
1.不正購入されたものは削除した。
2.今回限りの特例で代金は返金する。
3.アカウントは無効にした。再利用したい場合は必要な情報をメールするように。
4.本件の詳細は慎重に調査中で詳細は説明できない。
とのことでした。

アカウントを再利用するための返信メールを送るのに私が2日ほど日をあけてしまったら、同じ担当者からもう一度情報を送るようにとのメールが入りました。
すぐに返信し先方からの返事を待ちましたが一向に返信がなく、途中電話問い合わせをしたのですが、そこは製品のサポート窓口でiTunesのサポートはメールでしか行っていないのでメールで再度問い合わせるようにとのことでした。担当者宛にメールを返信し、途中経過を教えて欲しいと伝えましたが、それ以降も連絡はまったくなく、かれこれ3週間以上が経過しています。

その間、iPhoneのアプリのアップデートが行えない状況で、さすがに不便を感じ始めました。昨日からまたサポートのHPをあちこちさまよっているのですが、問い合わせの画面もビジー状態でメールも送れない状況。
停止されているアカウントには返金されたお金も残っているし、過去に購入したアプリもそのアカウントからしかアップデートできません。さすがに困ったなーとネットを検索すると、同様のケースの事例が見つかりました。
それには2つの結末があって、1つは一度無効化されたが必要事項を返信したら翌々日には有効化されたというケースと、アップル側の審査でアカウントの有効化は不可と判断されたケースでした。
今の感触からすると私は後者の無効化されたままの結末になりそうな予感がしています。
そうなると、過去に購入したアプリのアップデートは行えず、チャージされていた残金もすべて使えなくなるということのようです。規約的にアップルはそれをできる権利を有しているということのようです。

購入、購入と書きましたが、私がダウンロードしているのはほとんど無料アプリだけだったと思うので、金銭的な損失はチャージされていた3000円弱の残金だけということになるのかな?ダウンロードした音楽はどうなんだろうか?PCのローカルに保存しているので、それが消えてしまったときに再ダウンロードできないというだけなんだろうなと思います。(そうじゃなかったら結構な損失だけど。)

アップデートされなくなってしまったアプリは、一旦削除して新たに作成したアカウントで再ダウンロードする、という作業をしなくてはならないのかなと思います。かなり面倒な作業になりそう。そしてそのときにアプリに蓄積された過去データはすべて消えてしまうってことですね。

今回感じたのは、アップル製品ってなんだか怖いなーということ。
世界的メジャー製品なだけあって、悪党の餌食になりやすいのかもしれません。その悪党よりももっとてこずっているのがアップル社の対応のほうだというのもなんとなく釈然としない。
不成使用された2600円を泣く泣く諦めて、パスワードを変えて、そのままアカウントを使い続けたほうが実害が少なかったのかなーとも思います。まあ、一度不正使用されたアカウントを使い続けるのは不気味ですが。

ちなみに今回の不正使用による被害は、アカウントにチャージがあった人だけのようでした。カード払いになっている人は被害にあっていない。となるとiTunesカードのチャージというのもあまり使わないほうがいいのかもしれません。

それから、今回私が被害にあったのと同様の現象がこれだけたくさん起こっているということは、アップル自体のセキュリティに対する信用もあまりしないほうがいいのかなと思いました。
アップルアカウントと同じ組み合わせのID、パスワードを他でも使っていた私の落ち度でもあると思いますが、他から流出したものが使われたということはやっぱりアップルが標的になりやすい存在だということでもあると思います。

過去に歯科の矯正治療でかなり納得の行かない損をこうむったことがありました。しかも先方に誠実さがまったく感じられず精神的にもすごく嫌な思いをしました。でも冷静に考えると法的に処理されたときに私にお金が戻ってくることはなさそうだったので、最小限の問い合わせ(同時に治療中だった労災申請のためのレセプト情報をもらった程度。それも私が払ったものと一致しておらず、触ってもいない歯に関する治療費が含まれていたりで益々不信だった。)で諦めて早々に忘れようとしたことがありました。いつまでもクヨクヨする精神的な損だけでも少しでも減らそうと思ったのです。今回も同じくなのだと思います。なんだか釈然としないけど、まあボチボチと忘れていこうと思います。
アカウント無効決定ならその連絡くらいは欲しいけど。

便利なものも身の丈に合わないとこうした落とし穴に落っこちてしまうことがあるんですね。
こんな話も友達に話したら結構ネタとしておもしろがられたので(「そんなこんなでイライラしてせんべい食べたら歯のかぶせ物まで欠けちゃってさあ。」と私が憤慨してたら「山中(アップルの担当の人、仮名)もそこまで面倒見切れないよー。」と笑われたり、会社の先輩なんて「そのゲームで遊んじゃえば?おもしろいかもよ~。」なんて言うんですよー。笑)いろんな勉強になったってことで、このまま思わぬ被害が発覚せずに収束してもらいたいものです。もう、悲惨な続報はアップしたくないので頼むよ~。山中(仮名)~。
[PR]
by fumiko212 | 2011-08-27 21:53 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/16185211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Road to YAMAHA ... 太郎Day! 夏編 川崎市立岡... >>