美味しいお米と新しいお茶碗

2年前にいただいた、NYCMを一緒に走ったラン仲間、みんみんさんのおうちで作っている新米の美味しさが忘れられず、今年初めて分けていただきました!我が家に届いたのが金曜日の夜。たっぷりのすだちと一緒に綺麗に梱包して送ってくださいました。重いものの梱包や発送って大変ですよね。ありがとうございました。

金曜日の夕食には間に合わなかったので、翌日の朝食に早速いただきました。朝なら安心して3杯飯できるし♪

炊けたご飯は真っ白、つやつや!一口食べると、お米の粒に弾力があって、しっかり噛みしめると旨みが増していきます。これこそ本当の日本のおいしいごはん。
まずは、ごはんだけで1杯。ごはんをおかずにごはんが食べられるよ。
先日、弟が伊豆のおみやげに買ってきた、帆立の佃煮を添えてみたけど、これはごはんがもったいない。おいしいごはんに味の濃いおかずはいりませんね。
次にうちで作ったゆかりをごく少量ふってもう1杯。これもまた美味なり。幸せ。
b0031055_2135147.jpg

昨日まで食べてたお米はなんだったんだ!(コストコで買った千葉のお米。あまりのまずさにもち米を加えて炊いてました。)
東京人はこういうものに本当に飢えているんです。うちは父方も母方も街育ちなので(母は群馬だけど高崎の中心部なので、世田谷に初めてきたときは畑だらけでビックリしたそうな。)、こういうお米に出会ったことがほとんどないのですよ。東京って、そういう意味では食が貧しい土地ですよね。採れたての魚や野菜が何よりのご馳走。ましてやお米なんて、こういったご縁がない限り、入手不可能です。本当にありがとうございます。

家族3人で感謝しながら(弟は人の話を聞かないので、食卓で顔をあわせるたびに、このお米がいかに貴重なものかを懇々と言って聞かせてます。)毎日美味しくいただいてます。仏壇にも毎日お供えしてます。

そうそう、今日は昨夜炊いたご飯を弁当に詰めていきましたが、これまた美味しい。白さがそのままでした。
ただひとつ困るのは、ごはんが美味しいとどうしてもお代わりしてしまうってこと。困った困った。

新米と時を同じくして私のところにやってきたのが新しい飯茶碗。初の作家さんの作品を買ってみました。といっても何千円も何万円もするものではなくて、とても手ごろなお値段のものです。
先日、オオヤさんのコーヒーをいただいたときに手にした、作家さんが作ったガラス器のやさしさに触れ、自分の人生も2/3くらいのところまできているのだろうし、これからはこういうものを使いたいな、と思っていた矢先、前の飯茶碗が割れてしまったのです。なんだかかわいそうなことをしたと思いつつも、もしかしたらそういうタイミングだったのかもと思い、前から気になっていたお店に買いに行ってみました。

b0031055_21581484.jpgお店にある飯茶碗を全部見て、この赤と青のひょうたんが並んだかわいい茶碗を選びました。(後ろがひどく散らかっててすいません。)
山口利枝さんという若い女性の作家さんの作品だそうで、鹿児島で制作されているそうです。青は染付け、赤は鉄の粉で描いたものなのだとか。釉薬もご自分で植物(何の植物だったか教えていただいたのに忘れてしまいました。)を燃やした灰で作っているそうで、独特の透明感があるのだそうです。
b0031055_21585586.jpgごはんを食べ終わると、最後にちょこんと青いひょうたんが表れるところが気に入っています。
器はどれも少しずつ形がいびつに違っていて、全部、手にとって、一番しっくり手に馴染んだものを選びました。
お店の方が、一度作家ものを使うと、他のものが使えなくなりますよ。手のぬくもりがいいでしょ。とおっしゃっていましたが、その通りです。大事に使っています。

これを第一歩に、引き出物のブランド食器だらけの我が家の食器棚を、素敵な感じに改革していこうと思います。

といいつつ、つい最近、100均で弁当箱を買って、大そう気に入って愛用してますが。まあ、その辺は適当なバランス感覚でいきたいと思います。
[PR]
by fumiko212 | 2010-09-06 22:03 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/13939507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みんみん at 2010-09-07 10:02 x
なんだか、いつも食べてるのと違うお米に見えてきます。

私がいつも食べているのより、美味しそうに見えてきました。
こんなに喜んでいただけると、両親もつくり甲斐が有るというものです。

新しいお茶碗いいですね。「全部食べれました!」のご褒美のように姿を出す愛らしいひょうたんが、なんとも可愛い。
私も毎日食べられるお米に感謝して、大切にしたいお茶碗を買いたくなってきました。

Commented by fumiko212 at 2010-09-08 00:21
みんみんさん
毎日ご馳走様です!(お代金の連絡待ってますわん。)
>いつも食べてるのと
そうかあ。いつも食べてるのがこのお米なんですよね。子供の頃からずっと。
キィーーーッ。羨ましいっ。
他のお米がまずくて食べられないでしょう。

日本の秋っていいですね。食べ物が美味しくて。それだけじゃないけど。笑
炊き込みご飯にするのがもったいないけど、栗が出始めたら栗ご飯にもしてみたいです。それまで持つかなあ。
ご両親にもよろしくお伝えくださいね。


<< 兼部生活 オオヤコーヒーのオオヤさん >>