来年のほぼ日手帳

今年から使い始めたほぼ日手帳。1日1ページの手帳なので厚めの文庫本大で結構重く、そのためほとんど持ち歩いていません。ベッドサイドに置いて、寝る前にチョコチョコ書き込んでいます。

最初の2ヶ月くらいは毎日真っ黒になるまで書き込んでいたけれど、その後は10日くらい真っ白なページが続いたり、一言だけ書く日があったり、びっしりと書き込んだり、ムラがありつつも結構書いているほうだと思います。

パリに行っている間は1日1ページでも足りないくらいに書き込みました。ほぼ日手帳を持って、カフェに行き、その日にあったことを書くのが楽しかったです。
それから、旅行準備にも役立ちました。いつもは、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと焦るばかりで、結局準備が進まないまま前日になってしまうんですが、今回は1週間前くらいから、この日にはこれを調べよう、この日に保険に入って、あれを買って、などと1日1ページのTODOリストに書いておいたおかげで、準備が着々と進んだ感じがしました。

当初は、ブログに書きたいことをザザっと書いておくのに活躍するかな?と思っていたのですが、ブログはブログ、手帳は手帳で、書くことが全然違ってた。例えば、ベットラ会のあった日のページには、料理のことは何も書いてなくて、「みんなと会うとホッとする。」と一言書いてあったり。
もちろん、ブログには書かれない日々のことも、たくさん書いてあります。過去に使っていた手帳はすべて処分してしまっている私ですが、この手帳はちょっと捨てられないなー、と思います。

で、来年の手帳。昨日、発売になったんですよ。早いですねー。
去年、手帳を買ったときには、カバーは毎年使いまわして、来年からは本体だけを買えばいいのね、と思っていたのですが、どうも毎年違うカバーが発売されるらしいのですよ。8月の中旬ころに、そのラインナップが、ほぼ日のサイトで賑々しく発表され、気づけば、どのカバーにしようかと悩んでいる自分がいました。ほぼ日商法にまんまとはめられているなー。

そのカバー選び、難航しています。
写真の時点ではファブリックカバーのボタンステッチ(チェック)にほとんど気持ちが固まっていたのですが、今日、ロフトで見た革カバー・グレープが写真よりもずっといい色で、すごく好み。しかし、革カバーにするとお値段はナイロンカバーの倍近くするんですよねー。もしこれを買ったら、再来年はカバーの新調は禁止しなければ。しかも、革カバーにしたら益々重くなって持ち歩かなくなるし。あー、悩ましい。
[PR]
by fumiko212 | 2009-09-02 20:06 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/11852635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 来年のほぼ日手帳のその後 綺麗 >>