元旦:辰年じゃないけど、、、自然史博物館の折り紙ドラゴンツリー、と私の年末年始

b0031055_18443435.jpg明けましておめでとうございます。
3年ぶりに日本のお正月を満喫しております!と言いたいところですが、実はダウンしてます~。トホホ。
今朝は、おせちとお雑煮を食べ、お昼前に近所の神社へ初詣。
お参りの列に並んでいると、おもむろに胃がキリキリと痛み出し、冷や汗を出しつつ何とか持ち堪えて帰宅しましたが、それ以降何も食べられないという状態でして。シクシク。
あさっての篤姫ツアーまでに治さないと~。

それはさておき、大晦日のお話を。
なんと東京ディズニーシーのカウントダウンパーティーに行ってきました。
当初、井上道義さん指揮の東急ジルベスターコンサートに行きたいと思っていたのですが、親戚からチケットがまわってきたので、急遽そっちへ行くことへ。
深夜だし、車でさっと行ってさっと帰ってきたいと思っていたのですが、チケットには「駐車場が満車になるから車では来ないでね。」と書いてある。いろんな人に聞いてみると、電車で行った方がいい、というアドバイスばかり。ネットでは、午前中から満車になると書いてあったり、午後一でも空いていると書いてあったりで、よくわからない。結果的に、夕方5時過ぎに着いてもシーの駐車場はガラガラでした。

さて、カウントダウンはといいますと、大惨敗。勝手がわからないので位置取りを完全に誤りました。といっても、長時間場所取りをしたわけではなく、直前に人が少なそうだけど池が見下ろせる場所に適当に場所を確保したので、仕方ないかなと。TDLの花火も思いっきり見切れる場所で、そっちのほうがかなり残念でしたが、それなりに楽しめましたよ。

カウントダウンが終わったら、何かアトラクションでも、とも思ったのですが、なんとなく人の波に乗ってそのまま帰宅。首都高はガラガラであっという間に家に着いて、1時半からのベルリンフィル、ジルベスターコンサートの生中継に余裕で間に合いましたとさ。

で、カウントダウンよりも感動したのが、「ミスティックリズム」という常設のショー。「ジャングルに住む精霊と動物達による幻想的なダンスと空中バレエ。」という解説に、どんなのだろ?と思って見に行ったのですが、内容濃くて大興奮!舞台上にプールがあって、そこにダンサーが飛び込んだり、舞台脇の大きな木のセットを猿の衣装を着たダンサーがすごい速さで飛び回ったり、最後の方では天井からつるされた布を両手に巻きつけたダンサーが命綱なしで飛び上がり、頭上をグルグル回ったり、驚きの連続でした。
これを1日に何ステージもやっているなんて信じられない。素晴らしかったです。
その後見た、マーメイドラグーンシアターも良かったなー。
アトラクションはこの2つだけだったけど、大満足でした。どちらもおすすめ!
多分、シルク・ド・ソレイユってこれがもっと大掛かりになった感じなのかなー?と思って、益々見たくなりました。今年は行きたいなー。

そうそう、この年末年始休暇はテレビでクラシックコンサート三昧ですよ。29日の深夜からは3夜連続でベルリンフィルのジルベスターコンサート(2006年、2007年の再放送と2008年の中継)、今朝は録画しておいた昨夜の東急ジルベスターコンサート。現在はウィーンフィルのニューイヤーコンサートをテレビで楽しんでおります。

ベルリンフィルのジルベスターコンサート、今年はアメリカがテーマだそうで。なんだかなー、ですけど、いろんな意味でアメリカの影響力の大きさを感じた年、っていうことになるのかな。
しかし、あのソプラノの方、どうなんでしょう?私には音が完全にはずれているように聞こえたのですが、、、ポルタメント(というんですってね。音から音に移るときに音をスライドするように移ること)がきついのも気になったし。そういう曲なの?音程によっては綺麗だなーというときもあるんですけどね。偉そうにすいません。
オープニングの「キューバ序曲」は良かったですねー。ノリノリで。今年の私のテーマはラテンだな、と再認識しました。

井上さんのジルベスターコンサートも楽しかったなー。井上さんの指揮、好きですねー。成功したとわかっていても、カウントダウン、最後の1分はどうなるのー?ってハラハラしちゃいました。生だったらもっとドキドキで見ていられなかったかも。
小曽根さんのインプロヴィゼーションも良かったです。気持ちよいところ、気持ちよいところに音が流れていく感じで。いつもの小曽根さん、結構、気持ち悪いところ、気持ち悪いところに持っていくからね。あ、いい意味でですよ。
最後のジャズ組曲の2番、夏に聴いたN響でアンコールにやった曲でした。井上さんらしくてとても好きです。踊ってましたね。マエストロ。

こんな感じで、ダラダラとお正月を過ごしております。気持ち悪いの治らないなー。このまま何も食べられずに元旦終わるのか。シクシク。
[PR]
by fumiko212 | 2009-01-01 20:44 | -NYホリデーシーズン'07 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://fumiko212.exblog.jp/tb/10126708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さちえ at 2009-01-01 22:05 x
具合いかがですか?
新年早々災難でしたね。早く治してね!
で、篤姫ツアーって!?
レポ楽しみにしています。
わたしも今ウィーンフィル・ニューイヤー・コンサートを見終えました。
バレンボイムの新年の挨拶、シンプルながらもグッと来るところがありました。
前列の中近東ぽいご婦人が涙ぐんでました。
で、ベルリンフィルのジルベスター!昨夜、なぜか自室TVのBSが映らなくなってしまったの〜〜(涙)
せっかく起きていたのに…
再放送あるかなー
Commented by みいこ at 2009-01-01 22:36 x
あけましておめでとうございます~♪
風邪ですか?!(私も先日温泉行った時泊まったホテルが異常に乾燥してて、あやうく風邪引くとこでした。気をつけてても引くときは引きますね。。)
今日も寒いし、暖かくして、、お大事に!
で「空中バレエ」すごいですね笑。ちょっと想像がつきませんが、アクロバットじゃなくてバレエなんだーー。ほー
今年はfumikoさんの楽器デビューを楽しみにしております♪(しつこい?笑)
では今年もどうぞよろしくお願いします。

Commented by oshi001 at 2009-01-01 22:55
明けましておめでとうございます。
今年もお逢いする機会は少なそうですが、よろしくお願い致します。
飲み過ぎでマトモな文章書けませんが・・・合法トリップ!(合法ですよ)中でフラフラです。
Commented by fumiko212 at 2009-01-03 00:07
さちえさん
ありがとうございます。今日は何とか食べてます。
篤姫ツアーはさちえさんが既にいらっしゃった場所になりました。
ニューイヤーコンサート素敵でしたねー。私は「美しき蒼きドナウ」の子供たちにメロメロになり、癒されまくりました。
新年の挨拶の言葉は何語だったんでしょう?私全然わからなくて。でも、バレンボイムの活動は1つの希望ですね。彼らの演奏を是非聴いてみたいです。
ラトルのジルベスターコンサートもメッセージがこめられていた内容でした。(その意をくめば、今回のソプラノの方の人選にこそ意味があると言えるので、内容がどうの、と書くのは野暮なのかも、、、)再放送、あるそうですよ。NHKからメールが来たらお知らせしますね。
Commented by fumiko212 at 2009-01-03 00:13
みいこさん
あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いします!
風邪なのかなー?単なる暴食の結果かも、、、汗。気をつけます。
空中バレエというのは名前だけで、内容はアクロバットでしたよ。だって、ワイアーに釣られて、グルグル回っちゃうんですから!
>楽器デビュー
本当にしたいんです!曜日が合えばすぐに始めたいんですけど、情報収集がしきれていません。頑張りますっ!
Commented by fumiko212 at 2009-01-03 00:15
oshiさん
あけましておめでとうございます。
去年は王子に驚かされましたー。今年はサブ4でしたっけ?3.5?いけるところまでいっちゃってください。
飲みすぎないでくださいよー。(人様に言える立場じゃございませんが。。。汗)


<< 25日目:五線譜のリボン おめでとう~ >>